◆2016.1.25

★座間谷戸山・残雪

 一週間前の雪がまだこの公園では残っていた。座間市にある県立座間谷戸山公園に久しぶりに行ってみた。今シーズン最大の寒波ということで、沖縄でもみぞれが降り、九州各地で記録的な降雪となっている。関東南部では土曜の夕方から降るはずの雪が降らず、正直、ほっとした。学生時代の仲間と、先輩がやっている清澄白河の小料理屋で新年会を計画していたからだ。交通機関が先日のように大混乱してしまったら、興醒めもいいところだ。会えば昔話を繰り返したり、定年後の再雇用をどうするとか、やれ年金だと、すっかり、年寄りの話題となっていく。とりとめもなく、和気藹々と無駄話をするのが、最高の酒の肴となる。外に出て、銀世界になっていなかったのはいいが、やはり寒かった。そして、その寒さは今日も続いていたわけである。谷戸山公園は、その名のとおり、小さな山と、それに囲まれて盆地のような平地のある地形になっているため、一日中、陽の当たらないところがあり、雪がところどころに寒々と残っているのだ。幸い、日差しがあり、風もなかったため、散歩するにはちょうどよい。野鳥も少し見つけられ、ほどよく体も温めることができた。そろそろ、しっかりと写真を撮りに出かけたいものだ。(EOS 5D3)

谷戸山公園の正門を入るとすぐ右手の日陰に雪が残っていた
子どもが作ったのだろうか、愛嬌のある雪ガエル?だ

斜面に立つ六地蔵の前にも雪が少しあった

キジバトが盛んに枯葉をどけてエサを探している

大山、丹沢山系が見渡せる
手前には小田急が通っている

公園に隣接する畑にもまだ雪が

おや、ジョウビタキのメス、ジョビコだ

別の場所にもいた

日の当たらないところは、こんな感じでまだ雪は残り続けるのだろう
 
このキラキラした感じが好きだ
 
ここにはコゲラが盛んに枝を突いていた
 
池はしーんと静まり返っている
 
一面に氷が張っているのだ
 
大和市のいつもの泉の森にもちょっと寄ってみた
コサギがカワセミ用の止まり木に居座っていた

寒極み 身もふところも 縮み上り

[INDEX]