◆2017.4.2

★深見神社枝垂桜
 
 ソメイヨシノは開花は進んでいるものの相変わらずの寒さが続いている。大和市の引地台公園の「私の標本木」に何度も足を運ぶことになる。昨日がほぼ冷たい雨の土曜日だったため、陽射しのある今日の日曜日に賭けた家族やグループの花見客で公園は賑わっていた。しかし、桜はまだほんの一分咲きにしかすぎない。昨日の寒さがまだ残る午前10時すぎには、ダウンジャケットをまだ身に着けた人々が集まり、バーベキューを楽しんでいた。ご苦労なことである。この咲き具合であれば、あと1週間は十分に花見はできるかもしれない。標本木の開花状況にやや気落ちしたので、実家地域にある深見神社へ様子を見に行った。ここには拝殿脇に枝垂桜があり、わずかな参拝客の目に触れるのみだが、そこそこ見ごたえがあった。枝を剪定し、ややボリュームが減ったとのことだった。さて、これから1週間が勝負である。(EOS 5D3)

大和市深見神社の枝垂桜

引地台公園の「私の標本木」
開花した花がいくらかあるが、離れるとほとんどわからない

バーベキューができるエリアがあり、少し桜もある
賑わってはいるがほとんど冬の服装が寒さを物語っている

近寄って撮れる花はまだまだ少ししかない

これでもかなり咲いている方だ

深見神社
境内にはソメイヨシノもあるがやはりまだであった
 
陽射しが弱いため、花の色が映えない

桜咲け 団子はいらぬ 咲け桜

[INDEX]