◆2017.4.10

★宴の終盤
 
 満開後の桜はお天気に恵まれず、土日は雨、やっと今日は雨は上がるも花曇りの空。毎年、意気込む割りに肩透かしを喰うのも桜撮影につきもの。しかし、時はつれなく過ぎ、青い空を見ないうちに、桜は今年も散ってしまうようだ。一方的な片思いを知ってか知らぬか、相手はするりとどこかへ逃げ去って行ってしまう。ああ、今回もまた最高の機会を見逃すことになった、と自分の能力や判断力を棚に上げて嘆くのは、失恋男も老カメラマンもいっしょだ。そう、今年も桜の宴が終わりに近づいている。鮮やかな光の助けがない中で、その宴の最後を見届けに行ってみた。(EOS 5D3)

ほとんど白い光の中で浮かぶ散り間際の桜を捉える

チューリップの花が鮮やかすぎて桜と対照的だ

花曇りの空の下ではチューリップといっしょがいいかもしれない

「私の標本木」も最後のショットにする
昨日、一昨日の雨、風で花びらを落とし始めてしまった

薄い陽射しが差し込む中で桜がまばゆい

こじんまりと花見のグループがいた

桜の回廊も道を花びらで覆い始めていた
 
草むらに落ちた花びらをタンポポが受け止める
 
若い葉が花びらを追い落とすようだ
 
やっと一面を埋め尽くすころ、桜は終わりを告げる

花終わる 人も桜も ときを知る

[INDEX]