◆2017.6.9

★水無月の満月
 
 ちょうどよい角度でベランダから満月を拝むことができた。中秋の名月とかそんなタイミングでもない。すでに梅雨入りもした。アジサイも咲き出しているが、見ごろとまではいかない。バラはすでに終わってしまった。横浜で開催されていた緑化フェアも盛況のうちに終了してしまった。いろいろなイベントが終了し、梅雨入りしたものの雨が降るでもない。何とも中途半端で「どこかへ行きた〜い」という焦燥感も削がれてしまった。夕方、近所を散歩していても刺激を受けることもなく、汗だけを大量にかきまくって、帰宅し、シャワーを浴びた。食後、妻の声で「月が出ているわよ」とベランダから声が掛かった。「昨日の月の方がわたしは好きだけど」と微妙なことを言う。私は今夜の雲がかかってぼやっとした満月が好きだ。当分、月を見ることもない梅雨の夜が続くのかもしれない。(EOS 5D3)

水無月の 夜空に浮かぶ 月ひとつ

[INDEX]