◆2017.12.2

★ふれあいの森紅葉
 
 お天気と体調などが合致して撮影に出かけられるのは、毎日が日曜日になった私でもそう多くはない。今日は午前中の好天気にもかかわらず、珍しく動悸がするので、外出は控えておいた。何とか午後には回復したのでいつもの公園、ふれあいの森の紅葉を訪ねてみた。ちょうど盛りを迎えており、そう多くのカエデはないがいい具合の紅葉を撮影できた。地元の利点は三脚が使えることである。人が押し寄せることなどないため、好きなように撮れる。ただ、建物などはないため、私が望む絵にはならない。まあ、体調不良のときぐらい、贅沢は言っていられない。写真が撮れるだけでも幸せなものである。(EOS 5D3)

赤とオレンジがまざって面白い感じだ
 
ついついベンチなどを入れてみたくなる
 
多少傷んではいるが、ほっとできる色合いだ
 
割と大きなカエデが真っ赤になっていた
 
ブナ類の落ち葉が地面を埋め尽くす光景も今が一番
 
人工滝の前のカエデはまだ部分的だ
 
竹林のある散策道にカエデが紅葉していた
 
反対側から見た
 
終わりかけの紅葉もあり、逆光の中で黄昏ていた
 
落ち葉も積み重なりつつある
 
隣接の熊野神社のイチョウも真っ黄色になった

もみじ愛で 心とからだ 満たされる

[INDEX]