◆2019.3.14

★光のどけき春
 
 久々にいつもの公園に行ってみた。昨日は風が強かったが、今日は日差しもほどよく、やや寒さが残るものの心穏やかに歩くことができた。河津桜はすでに散っており、今はオオカンザクラが満開となっている。ヒヨドリやメジロが蜜を吸いに来て、忙しそうにしている。この森には春の光で溢れていた。そして、新たな生命の息吹を肌で感じられる季節となっていた。やはり、小さくとも自然の中に身を置くのは、心が洗われるようだ。また、マイペースでゆっくりと散歩でもしてみよう。(EOS 5D3)

満開のオオカンザクラにメジロがやってきていた
 
近くの川ではアオサギが獲物を捕らえたようだ
 
かなり大きい、ナマズかもしれない
見事な丸呑みだ
 
少し離れたところには鯉が群れ泳いでいた
 
白梅は散り、残った紅梅が青天に映えていた
 
猫はのんびりとしている
 
オオカンザクラのある小川
 
ヒヨドリがメジロを蹴散らして花の蜜を吸う
 
菜の花がやたら眩しかった
 
足元には踏みそうになったオオイヌノフグリが可憐に咲いていた
 
サンシュユも満開のようだ
 
この小さな弾けたような黄色の花が元気でいい
 
大池ではダイサギだろうか、悠々と日を浴びていた

光りさす 樹々花々と 春の朝

[INDEX]