◆2019.12.11

★山手西洋館の紅葉
 
 横浜山手界隈も晩秋となり、紅葉が終わりを迎えている。12月になると山手西洋館各館では、例年クリスマス装飾が華やかに行われ、訪問者の目を楽しませてくれる。たびたび訪問していると、慣れもあり、自分のセンスに合うものと、そうでもないものとがあり、撮影上は葛藤するのだ。今回は撮影はしたが、掲載しなかったものが多い。というよりも、この横浜山手の街の雰囲気と紅葉が相俟って、街風景を主体にチョイスした結果になった。写真をやるのは、撮影も楽しいが、こうして写真を選び、この日の「テーマ」を決めて、全体の構成を考える時間が至福のときかもしれない。記録写真を見るのではなく、フォト・ギャラリーを訪れている感覚で見ていただくよう努めたい。(SONY a7R3

外交官の家を遠景に入れて紅葉を撮る
午前の陽が眩しい
 
外交官の家の庭にはまだバラが残っていた
 
外交官の家は、アメリカのクリスマスだ
 
アメリカらしいお菓子と缶詰の山だ
 
塔屋のサンルームは賑やかだ
 
ツリーもプレゼントも楽しげだ
 
2階の書斎は、ちょっとしっとりと・・・
松ぼっくりだけが、クリスマスらしい
 
紅葉の木の間に・・・
 
ブラフ18番館は、オーストリアのクリスマスだ
豪華なリースが目を見張る
 
窓辺のクリスマスの置物が雰囲気にマッチしている
 
窓の外は紅葉した桜の葉も残りわずかだ
 
24mmでは、納まらなかった
 
小さな細工物がよくできている
 
旧山手68番館に行ってみた
飛行機雲が印象的だった
 
入口にこんなお面が・・・
 
パプアニューギニアのクリスマスをイメージしたそうだ
南国らしい
 
そして、日本のテニス発祥の地だ
140年過ぎても、ここは裕福な人々が集う
 
カトリック山手教会のマリア像の近くにもモミジがあった
 
汐汲坂には、黄葉したイチョウが輝いていた
 
ダンスホールのクリフサイド脇の代官坂トンネル
一部に絡まった蔦が紅葉していた
 
代官坂途中のこのお店も蔦の紅葉が見事だった
電線にまで絡まっているのが、電線とともに見苦しいが・・・
 
元町公園水泳事務所付近は桜の名所だ
落ち葉があちこちに・・・
 
山手80番館遺跡にも秋の終わりが訪れていた
 
ベーリック・ホールの入口から庭のベニシダレモミジを見る
 
ダイニング・ルームの装飾は銀と白だ
フランスのクリスマスだそうだ
 
グラス類の形と光沢が好きだ
 
台所のカランがクラシックでいい
上部の器は石けんかスポンジ置きか
 
あまり目立たない出窓の気遣いがうれしい
 
2階南東側の部屋の雰囲気がゆったりしていい
 
寝室から庭のモミジを見る
 
ホールのクリスマスツリーは控え目でちょうどいい

山手本通り越しに山手234番館を見る
まだ紅葉が残っていてよかった

やはりこの「自働電話」ボックスがないと画竜点睛を欠く
いいポイントを考えたものだ

234番館の2階から額縁でモミジを眺めるのがいい

台所の地味なクリスマス装飾がちょっといいのだ

別の部屋からモミジ越しに電話ボックスを眺める

横浜山手聖公会の近くにもモミジが映えていた

紅で染めし 山手の道に 冬来たり

[INDEX]