◆2020.6.11

★梅雨入り・梅漬ける
 
 予定したとおり、本日の午後に色づいた梅を漬けることにした。午前中の晴れ間から午後になり急に雨が降り出し、関東を含む広い地域で梅雨入りした。蒸し暑く、大した作業でもないが、汗が噴き出してくる。10キログラムの梅はおよそ300個近くあり、水洗いしたあと、キッチンペーパーで拭きながら、竹串でヘタを取り除いていく。妻とのいつもの共同作業だ。ひとつの容器で漬けるのだが、移し替えたりなど容器は3個あると作業がしやすい。霧吹きに入れた35度の焼酎を吹きかけながら、梅と粗塩を交互に容器に入れていく。最後は梅と同じ重量の重石を載せれば終了だ。あとは、3、4日して水が上がって来るのを待つばかりだ。それと、コロナが治まってくれることを祈るしかない。(SONY a7R3,PowerShot G7X2)

いつもの場所に置いて水が上がって来るのを待つ

作業前のほぼ熟した梅たち
もう1日すると傷みはじめるかもしれず、このときしかない

ざっと水で汚れを洗い流す

水が着いたままだとカビやすい

キッチンペーパーで水を拭き取りながら、ヘタを竹串で取り去る
これが一番地味で時間のかかる作業だ
 
途中、塩を振る場面を撮影しそこなった
約10キログラムの重石を載せ、作業は終了
実際には、2つの重石の間に新聞紙を挟み、容器を覆ってゴミが入らないようにする

雨音を 窓越しに聴く 梅しごと

[INDEX]